バイアグラ処方に便利なネットでの遠隔診療

バイアグラの作用機序

現代の男性に多く見られる症状がEDです。
現在EDに悩まされている成人男性が日本でも多く、もちろん三重も同様となっています。
このEDを改善させるために有効な薬が、本サイトで紹介するバイアグラです。
ここでは三重の方がバイアグラを処方してもらう方法、そしてバイアグラの効用について紹介していきますのでご覧下さい。

まず最初に、勃起のメカニズムを説明します。
勃起は、陰茎の海綿体という筋肉に血液がたくさん流れ込むことで起こります。
つまり、この海綿体に血液が流れにくくなると、勃起ができなくなる。所謂EDになってしまうのです。

血液が流れにくくなる原因として、海綿体の中の血管が細く収縮してしまうことが挙げられます。
海綿体の中の血管の、収縮と拡張に関わってくる物質があります。
それはサイクリックGMPという物質です。このサイクリックGMPは、海綿体の中の血管を拡張させる方向に働きます。
つまり、このサイクリックGMPが増えれば、勃起が起こるのです。

バイアグラは、このサイクリックGMPを増やすため、ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)に作用して、この物質の働きを阻害します。
PDE5という物質は、産生されたサイクリックGMPを分解する方向に働きます。
なので、バイアグラを飲む事によってPDE5の働きを抑えることで、サイクリックGMPが増えるのです。

これにより、海綿体の中の血管が拡張することによって血液がたくさん流れ込み、勃起が起こります。

以上がバイアグラの作用についての紹介となりますが、最近はバイアグラを処方するための医師による診断も、より便利なものとなっています。
これまでは診断は基本的に病院で行うものとなっていましたが、最近はインターネット上で診断を受けることができるという遠隔診療が可能となった為、三重にお住まいのクリニックに足を運びづらい方も、自宅でスムーズに診断を受けることができるようになりました。

バイアグラが花粉症の薬と相性が良くないという話は本当か

バイアグラに対しては、様々な噂もあります。
花粉症の薬との相性の問題が、たまにクローズアップされているのです。

花粉症は確かにとても大変ですから、症状を緩和させるために、何らかの薬を服用する事もあるでしょう。
ですがその薬は、バイアグラとはあまり相性が良くないという意見もあるのです。
ですから花粉症の予防薬を服用中の方々は、バイアグラは控えるべきという噂もあります。

ですが、そうでは無いのです。
バイアグラは、花粉症の薬とは全く関係ありません。
いわゆる飲み合わせなどの問題が生じる確率は低いですから、そこは心配無用と思われます。

ですがそういう話を聞いても、やはり経口摂取する物だけに、ちょっと不安感が大きくなる事もあるでしょう。
もしも不安であれば、思い切ってお近くの三重の薬剤師に相談してみるのも一法です。
薬剤師は薬の専門家ですから、飲み合わせに関しても気軽に相談に応じてくれるのです。
それで問題無いという話になった時は、改めて両者を併用するスタイルで問題は無いでしょう。